40tを超える大型のタンク解体
液化炭酸・液化窒素・液化酸素等各種あるうちの今回は液化炭酸タンク解体風景です。

タンクの構造

左記の図のように外部タンクと内部タンクの間に保温材(パーライト)が入っており、真空になっています。





タンクの重量約44t。


タンクを荷下ろしする場所まで移動し、待機。



70tレッカー2台を使い荷下ろし開始。


タンクを持ち上げている間に車両を逃がします。




降ろした後、転倒防止の歯止めを噛まして
設置完了。


同じ工程を3度繰り返し、3基のタンクを横並びに設置。




タンク周辺に仮設材にて養生を設置。



中のパーライトが飛散しないようにシートで養生。
シートの隙間を養生テープにて目張り。


養生設置完了
外側の鉄タンクをガス切断


バキュームを設置。
内部のパーライトの飛散を抑えるためにバキュームにて吸引。


一通り吸引した後、タンクの天蓋をバックホゥにて除去。
再びバキュームにて内部のパーライトを吸引。


同様の手順で一通り外側のタンクを解体していきます。
内部のSUSタンクをプラズマ切断機にて切断



外部タンク(鉄)を切り、内部タンク(SUS)を切り・・・

バキュームで吸引。
同様の手順を繰り返し、解体完了。

残ったパーライトをバキュームにて吸引。
切断した鉄及び、SUSを搬出して全作業終了。




 


 


トップへ戻る




copyrightc 2009 OHMICHI co.,ltd. all right reserved.